介護リフォーム・バリアフリー工事

利用者目線の介護リフォーム

ドアから引き戸への変更
車椅子を使われている方にとって、ドアの開け閉めは非常に大変な作業です。
ドアを押すにも引くにも、片手で車椅子を前後に動かす必要があるからです。
ドアを引き戸に変えることによって、車椅子のままでも簡単に扉の開け閉めができるようになります。

 

手すりの取り付け
階段や玄関など、高低差のある場所への手すりの設置はもちろん、お風呂やトイレなどにも手すりを取り付けることで、足腰の悪い方の生活がグッと楽になります。

 

段差の解消
車椅子でドアの敷居を乗り越えるには、相当な力が必要になります。
引き戸の場合であっても、通常はドアレールなどの段差があります。
当社ではこれらの段差を解消(フラット)することで、車椅子でも楽にお部屋間の移動ができる住まいをご提案しております。

 

畳からフローリングへの変更
畳の場合、食事の際に車椅子から一度降りなければなりません。
テーブルを置けるフローリングであれば、食事はもちろん、ベッドへの移動なども楽に行うことが可能になります。
住まいの活動範囲を広げるという意味でも、畳部屋からフローリングへの変更は非常にオススメです。

【代表直通】090-1733-1997
【電話番号】042-507-4412
【営業時間】9:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】東大和市中心に、東京都内にお伺いいたします

一覧ページに戻る